2006年03月30日(木)

第7回 文字修飾のススメ (`o´)

前回は「ブログの記事に厚みを持たせるための写真活用」について話してみたが、今回も同じくブログの記事にちょっとした彩りを加えるテクニックを紹介してみたいと思う。


これまでアニキはたくさんのブカツブログの記事に目を通してきた。そういったたくさんの記事を読むうちに、ブログを綴る上でのちょっとした「極意」みたいなものに気が付いてしまったんだ。その「極意」とは何か?


それは「テンポ」だ。


「こりゃ面白い」と思う記事には、共通してなんらかの「テンポ」が息づいていたように思う。では「テンポをつけるにゃどうすりゃいいの?」ってなことになるワケだが、プロの文章家でもないかぎり、毎回メリハリの効いたテンポ良い文章を書くことは難しい。


そこで活用したいのが「文字装飾」だ。


文字装飾とは、文字の色を変えたり、文字の大きさを変えたり、文字の書体を変えてみたり、顔文字を使ってみたりなど「文字を飾る」こと。みんなもケータイを使って誰かにメールするとき、文字装飾機能を使って文字をいじくってみたことがあると思う。


この文字装飾が文章にテンポを与えるのにちょうどいい働きをしてくれる。たとえば足立学園柔道部の河野くんなんかは文章に顔文字を多用しまくる独特のスタイルで読む者をすんなり引き込むテンポを持つ書き方を身上とし、鹿島高校サッカー部マネージャー娘4人衆は目がチカチカするほどの文字色と顔文字を使い、おもちゃ箱的な独特の世界観を確立した(これはテンポというより個性か)。



実例:)


□「全日本Jr.の組み合わせです。」

by 足立学園柔道部の河野くん


□「豚のひずめ☆」

by 鹿島高校のマネージャー娘たち



このように適度な文字装飾は文章に彩りを与えるだけでなく、テンポや個性をも生み出す。なんとなく「味気ない文章になっちまったなぁ」と思ったら文字装飾があることを覚えておいてほしい。むろん、過度の文字装飾は逆効果だということも忘れずに。



活用講座indexに戻る

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99094/9329506
この記事へのトラックバック一覧:第7回 文字修飾のススメ (`o´)

硬いはどっち?? from [ヨモギダ]
今日は有楽町のビックカメラに行ってきた。目的はない。電気屋マニアなのだ(笑)なんか新製品とか見てるとゾクゾクする。もちろん買うお金などありゃしないんだけどね(笑) ... 続きを読む

受信:2006年03月30日 20:34:29

このエントリーへのコメント

fnojsr mtaky iquo ambjv mhxg qkag xmwcikbug

Posted by fhmos iujbtxk | 2007年04月16日 1:08:12

factoring Guatemalan repudiations?towers remains peripheral

Posted by | 2007年10月10日 13:50:19

コメントを書く