2007年01月22日(月)

ブカツとヘルスメーターの関係

――アニキです



大阪ダイバンズの1月22日の記事を読んでいて目から鱗が落ちたが気がした。



最近のヘルスメーターってのは身体年齢まで弾きだしてしまうものなのか!」と。



アニキの時代のヘルスメーターといやぁ、体重測定のみと相場が決まっていたもんだ。デジタルとか高度なもんじゃなくて、測定台に乗っかっると目盛りの書かれた円盤がカシャンカシャンと回転する例のアレね。



もはやそんなものがまかり通る時代じゃないんだな~と思っていろいろと調べてみたら、あるわあるわインテリジェントなヘルスメーター。体組織・体脂肪計ってのはもはや当たり前で、少し高機能なもんになると「皮下脂肪率骨格筋率」までをも計測してしまったり(…ど、どうやって計るんだよ~)、中には携帯オーディオプレーヤタイプ万歩計なんてのもあったりでバラエティに富みなかなか面白い。思わず時間の経つのを忘れてヘルスメーター調べに没頭しちまった。



いやぁ、久々にいい勉強になりました。きっかけをくれた美穂選手よ、ありがとうな! こうやって最先端のヘルスメーターを調べた結果、現代スポーツに欠かせない強力なツールの一つとなり得ることがよく分かったぜ!



――ということでみんなに問いたい。



「ヘルスメーターをチーム強化や個人能力強化など、練習の一環として導入しているか?」



ということを。
ヘルスメーターでなくとも、それに準ずるようなマシン(心拍数計とか)であればOKだ。たとえばアニキなんかは愛車であるMTBに最高速度や平均時速、航続距離なんかを表示する「サイクルメーター」を取り付けて、各データとダイエットの結果の因果関係を研究(大げさな)していたこともある。こんなケースでも十分OK。ぜひ、その意見を聞かせてほしい。



青春の象徴であるブカツと最先端ITの産物であるインテリジェントヘルスメーターの関係。アニキならずとも大いに気になるところだろう。意見は例によってここにコメントするなり、トラックバックを寄せるなりでよろしく!

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99094/13620801
この記事へのトラックバック一覧:ブカツとヘルスメーターの関係

タレントも指導するプロのダイエットコンサルタント。 from [わたしのダイエット日記!]
お金をかけずに、好きなものを食べてありえないほど痩せたい。 そう思いませんか? 痩せられない体質、太りやすい体質なんていいわけしていませんか? 半年で12キロ痩せる裏技ダイエット法です! ... 続きを読む

受信:2007年01月22日 23:21:21

健康オタク(笑) from [ブラインドサッカーブログ]
なんせ、いつも健康には気をつけている。 野菜を多く食べる 毎日、ストレッチとエク ... 続きを読む

受信:2007年01月22日 23:27:07

痩せたいならモデダイ from [痩せたいならモデダイ]
初めまして!いつも素晴しいブログ拝見しております。この度、痩せたい人にオススメのダイエット方法を紹介したブログを作りましたのでトラックバックさせていただきました! 不要な際はお手数ですが削除していだだきますようお願い致します。... ... 続きを読む

受信:2007年02月20日 1:07:39

無料おまんこ画像 from [無料おまんこ画像]
... 続きを読む

受信:2007年08月 9日 13:14:22

このエントリーへのコメント

コメントを書く