2008年05月 1日(木)

2008年05月01日 F.C.Orange 4月30日の記事『コトバのパス』から

――アニキです

 



ついぞ先日、このブカツブログの仲間となり、種々のWebサービスを駆使した多彩な記事展開と、思わず「おおっ?」と唸らせる深い記事テーマで、瞬く間にこのブカツブログを代表するブカツの一つとなったF.C.Orange

その F.C.Orangeの4月30日の記事『コトバのパス』に思わず唸らされた。 



タイトル通りの「言葉のパス」をテーマにした記事。

小気味いい言葉のパスによるテンポ良い連携。スポーツや仕事でのプロジェクト問わず、集団で共通の目標を達成しようとするならば、こうした言葉のパスによる連携なくしてその成就はあり得ない。分量にして3~4行と短いものの、この記事はそんな集団行動の真理となる大切なものを教えてくれる。

 



「何を今更、コミュニケーションは基本だよ」

そう苦言を呈する人もいるかもしれない。しかし「テンポよく効率のいいコミュニケーションを実践できているか」と聞かれれば、自信を持って「Sure!」と言える人は少ないのではないだろうか。ほとんどの場合は無駄な言葉も多く、また、チーム全体へとパスが行き渡る環流感に乏しいのが実状だと思う。

 



それもそのはず、「テンポよく効率のいいコミュニケーション」というのは一つのスキルであり、一朝一夕に身につくものではないからだ。必要なのは「なぜ、コミュニケーションが必要なのか」という根本的な理解と、仲間のパーソナリティを十分に熟知していること、そして“”。こういったものが高いレベルで揃ってこそ、はじめて「テンポのいい言葉のパス」が実現する。それが実現した時にもたらされる結果がいかに大きなものであるかは、サッカーのビッグクラブやF-1のトップコンストラクタの戦績が雄弁に物語ってくれる。もちろん、成功している企業などにもその要素は色濃く見て取れるハズだ。

 



少し長くなってしまったが、F.C.Orangeの今回の記事から、アニキはそんなことを読み取ることができた。ぜひ、みんなもこの記事を目に通し、仲間達と共に今一度「言葉のパス」の意味について考えてみてほしい。


Img_0396

複数のボールが同時に入り乱れてしまうようなパスは論外。一つのボールをいかに効率よくゴールまで繋げられるかが重要だ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99094/41054663

このエントリーへのコメント

さすが、アニキ。あの短い記事からここまで読み取って解説いただけるとは...脱帽です。これからも精進します(F.C.Orange)

Posted by jirokan | 2008年05月 2日 0:57:45

jirokan選手、さっそくのコメントありがとう!

いやぁ、「言葉のパス」久々にキタね。異を挟ませないマシンガントークが大不評のアニキにとっちゃいい訓戒にもなったぜ!

そんじゃ、いいGWを過ごしてくれよな!
アディオス!

Posted by ブカツブログ管理人『アニキ』 | 2008年05月 2日 16:32:35

コメントを書く