2008年05月30日(金)

宇都宮少年ラグビースクール 5月27日の記事『わんぱく相撲大会 宇都宮場所 団体・個人優勝』から

――アニキです



唐突だが、今回の『アニキEYE'S』は少々イレギュラー的に、同じブカツを2回連続で採り上げてみたいと思う。



そのブカツとは『宇都宮少年ラグビースクール』
前回、「わんぱく相撲」に参戦するにあたっての熱気溢れる意気込みを記事として採り上げさせてもらったのだが、その気合い衰えることなく、見事その大会で優勝を果たしたとのこと。



--------詳しくは以下を参照してくれ---------------------------------------
『わんぱく相撲大会 宇都宮場所 団体・個人優勝』
-------------------------------------------------------------------------



なんといっても、宇都宮少年ラグビースクールは昨年からのディフェンディングチャンピオン。しかも団体戦だけでなく、6年生の部でも個人優勝を遂げるているため、団体・個人戦2つのカテゴリでのディフェンディングチャンピオンなんだ。言うまでもなく『宇都宮少年ラグビースクール』はラグビーのブカツ。にも関わらず“他流試合”にあたる相撲大会でこれだけのパーフェクトな結果を出しちまうんだから恐れ入る。



もちろん、選手個々が、日頃の厳しい練習で磨かれた高い身体能力を有しているとううこともあるだろう。だが、アニキはそれ以上に「一つの目標に向うにあたり、限りなく高いレベルで意志統一ができる」という点に彼等の強さがあるんだと思っている。



「子供たち、指導者、保護者の強い三位一体感」が『宇都宮少年ラグビースクール』の魅力であり強みの部分。それは彼等のブログを読んでいればすぐに分かる。積極的に交流戦やイベントに参加するなど“外へ打って出る姿勢が強く”、時にお父さん・お母さんといった保護者がそこに加わり子供たちの“戦い”をサポートしていくのが宇都宮少年ラグビースクールの流儀だ。そんな愛情を全身に受けた子供たちの表情は実にキラキラと輝いている。



そう、この“愛情”こそが「一つの目標に向うにあたり、限りなく高いレベルで意志統一ができる」という彼等特有の能力の源であり、本業のラグビー大会においてもいくつもの輝かしい戦績を残してきた強さの源泉でもある。そういった愛情に包まれ、これからも宇都宮少年ラグビースクールは数多くの栄光を手にしていくのだろう。そしてそこから巣立っていく子供たちも、本当の愛情の意味を理解した素晴らしい大人へと成長し、いつかどこかで同様に愛情ある指導を子供たちに与えていくのだろう。



こんな魅力的なブカツが『ブカツブログ』の仲間であることを誇りに思う。宇都宮少年ラグビースクールよ、これからもよろしくな!

R0013169

宇都宮の街が大好きなアニキ。餃子が好きなこともあり、月に1度は訪れている

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99094/41372221

このエントリーへのコメント

アニキへ
2回に渡り、当スクールの紹介記事を掲載いただきありがとうございます。
2年続けての団体戦優勝、子供達の頑張りには本当に脱帽です。
本来ならば、この場にスクールメンバーからのコメントが自主的に書き込まれればベストなのですが、そこはまだまだ小学生、恥ずかしがっているようです!
徐々にアニキのTBに反応できるような環境を作ってまいりますので、今後も懲りずに取り上げていただければ幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by 宇都宮RS HP管理人 | 2008年06月15日 7:24:18

アニキです。

返事遅れちゃって申し訳ないです。

わんぱく相撲の2年続けての団体戦優勝、本当にビックリしましたよ。いきなり“他流試合”とも言える相撲大会で優勝しちゃった昨年もビックリしたけど、連覇のプレッシャーのかかる中でしっかりと自分たちの実力を出し切って最高の栄冠を手にしてしまった今回はもっとビックリしました(笑)。今回の結果を見て、あらためて宇都宮RSの指導が子供たちの大きな糧となっているかがよくわかりました。

>徐々にアニキのTBに反応できるような環境を作って
>まいりますので、

ありがとうございます。これからも、この『ブカツブログ』の重要なキー部活として、全国の仲間たちに宇都宮RSならではの愛情の素晴らしさと熱いスピリットを発信していってください。そしてなによりも日々、素晴らしい指導を受けてすくすくと成長する子供たちによろしく伝えておいてください。

Posted by ブカツブログ管理人『アニキ』 | 2008年06月21日 13:03:54

コメントを書く