2009年03月27日(金)

「怪我とスポーツ~F.C.Orange 3月22日のブログから」

――アニキです



今日も朝起きてメシ喰って、歯を磨きつつ、愛する我が『ブカツブログ』に目を通していたら、ちょいとのっぴきならない記事を見つけたので採り上げさせてもらうことにするぜ。



その記事とは、“オランダ代表よりも瑞々しいオレンジ軍団”との異名を持つ『FC Orange』の3月22日の記事「ソネット戦でキャプテン負傷」。



記事によると、FC.Orangeの母体であるNiftyと同じのISP(インターネット・サービス・プロバイダ)であるso-netチームとの親善試合で、チームの牽引役であるキャプテソ牧野選手が負傷してしまったとのこと。それが膝の皿を割ってしまうほどの重傷で、ギプスが外れるまでに5週間、プレーができるまでに3ヶ月も要するシャレにならない状態。キャプテソ牧野選手には心より「ご愁傷さま」と声をかけさせてもらうぜ。一日も早くボールを蹴りたい気持ちは分かるが、後に響かぬよう、焦らずじっくりと療養してほしい。



さて、諸君たちも、身体を激しく動かすブカツゆえ、怪我とは切っても切られぬ縁だと思う。これはプロアスリートたちも例外ではなく、先日のWBCでは日本の主砲である村田選手が足を痛めて戦線離脱。サッカーに目を向けてみれば、アニキが大好きな大分のエースストライカー高松大樹が右腫骨疲労骨折で全治二ヶ月の重傷(相方のウェズレイも左腓腹筋肉離れで全治3週間の怪我だしな)、さらにはFC東京の平山が左足首の捻挫でナビスコ欠場、海外ではチェルシーのデコが膝の古傷再発で今期の出場が絶望的と毎日のようにアスリートたちの怪我の報告が相次いでいる。



もちろん、諸君たちだって立派なアスリートゆえ、アニキのような一般人よりは怪我に対する備えはしっかり出来ていることだろう。しかしながら、それでも見舞われてしまうのが怪我。「怪我なんかにビビってたら全力プレーなんてできねえよ」という声もあるだろうが、それでも十分怪我には気をつけてくれとアニキは言いたい。しっかり身体を作ることと十分に集中力を保つことで不慮の怪我は防げるはずだろうからね。



ということで、冬が開けていよいよ本格的なスポーツシーズンの到来。それにつれて肉体も戦闘モードに入ってくる。最高のパフォーマンスを発揮出来るこれからの時期だからこそ、その裏に潜む怪我についても十分に気を配ってほしい。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99094/44483999
この記事へのトラックバック一覧:「怪我とスポーツ~F.C.Orange 3月22日のブログから」

外貨の両替手数料 from [外国通貨の両替手数料を安くするには]
海外に行く際、銀行で外貨への両替をすると高いので ... 続きを読む

受信:2009年03月27日 22:01:06

ソネット戦でキャプテン負傷 from [Orange Blog]
3/19(木)の会社帰り、exa君つながりで、ソネット様とフットサルの親善試合を ... 続きを読む

受信:2009年03月30日 10:25:36

このエントリーへのコメント

コメントを書く