2009年03月 6日(金)

始まったぜ! 野球の祭典がよ!

――アニキです



いよいよ今晩から待ちに待った野球の祭典、第2回WBCがスタートする。



我が日本代表がディフェンディングチャンピオンとして臨む今大会。前回同様、日本代表はイチローを軸に強力な布陣を敷いて大会に挑む。メジャーリーガーにセ・パの人気選手を擁する豪華チームだけに、「東京ラウンドなんぞ楽勝!」という気運も強いのだが、その実、前回の東京ラウンドで苦杯を喫した相手であり、北京五輪全勝優勝という快挙を成し遂げた韓国代表や、オリンピックはじめ、国際大会で大きな実績を誇る台湾代表、さらに成長著しい中国代表など、いずれも侮れない相手ばかりで、日本代表ばかりが突出した存在だとは言い切れない



……おっと、そうこう書いているウチにVS 中国代表との試合が始まっちまったぜ。よっしゃ、本気の応援モードに突入させてもらうぜ。仕事よりも日本代表を応援することがアニキにとっちゃ大切だからな!



…… …… ……



(以降、中国戦を終えてからの執筆)



…… …… ……



VS 中国戦。めでたく緒戦勝利となったのだが、前回が18-2という漫画的スコアでの大勝だっただけに少々物足りなさを感じたことも事実。もちろん、中国のレベルアップの著しさも大きいんだろうけど、いかんせん打線が大人しすぎた。村田のホームランがなかったらかなりヤバいことになってたんじゃないかな(そういった意味じゃイチローを1番に戻した原監督の采配はナイスだったぜ)。メジャー組も軒並み消沈だったしね。



とややふがいない我が日本代表を憂えつつも、実は前回もアメリカラウンドから本格的にエンジンがかかってきたことを考えれば、本心ではさして心配はしていなかったりする脳天気なアニキ。心はすでに本戦とも言えるアメリカラウンドに飛んじまってるんだよ。アメリカへの雪辱はもちろん、ドミニカ、キューバといった中米強豪国とのマッチアップ、さらには前回アメリカを下したメキシコや、日本以上に多くのメジャーリーガーを擁する南米の強豪ベネズエラなど、伏兵と呼ぶにはあまりにも豪華で強いチームが待ちかまえている(はず)ことを考えるとワクワクしてきやがるぜ。



ブカツブログには野球部系のブカツも多いだけに、アニキと同じようにWBCを心から愉しみにしている面々も多いことだろう。そんな野球人たちの視点で捉えたWBC論なんかも読んでみたいと思うぜ。もちろんそれ以外のブカツの面々も、アニキのような「にわか評論家」的にWBCを通じて感じたことを書いてみてほしいな



3年前に味わったあの興奮と感動。ぜひ、あんなドラマをもう一度観てみたいものだ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99094/44257806
この記事へのトラックバック一覧:始まったぜ! 野球の祭典がよ!

このエントリーへのコメント

コメントを書く