2009年04月23日(木)

これがウェイトリフティングの迫力だ!

――アニキです



『ブカツブログ』唯一のウェイトリフティング部であるウェイトリフティング部である淡路高校WL部。その淡路高校WL部の三原選手がタイはチェンマイで開催される世界ユース選手権への出場が決まったことは先週お伝えしたとおり。



その三原選手だが、さっそく地元のウェイトリフティング大会にて優勝を決めたのでここにお伝えさせてもらうことにする。



同ブカツの最新の記事によれば、なんと三原選手、この大会で147kgものクリーン&ジャークを決めて優勝したとのこと。147kgといえば幕内力士の平 均体重に近い重量だよ。それを一人の高校生が頭上にまで持ち上げちまうんだからただただ驚くばかり。しかもまだ高校生という成長段階。この記録は、三原選手のリフター人生にとってのホンの序章にすぎないのだ。



そんな三原選手や淡路子高校WL部の選手たちが全力で打ち込むウェイトリフティングというスポーツ。嬉しいことに同記事の中では、その大会の模様を動画で見ることができる。他の競技とは一味も二味も違う、ウェイトリフティングならではの緊迫感と迫力、そして試技のダイナミックさ。動画の中の三原選手を見 て、「こんな凄い雰囲気の中で戦っているのか…」あらためてその迫力に強い衝撃を受けたアニキ。ぜひ、みんなもその迫力と緊張感を感じてみてほしい。

人間なら誰もが持つ「パワーへの憧れ」。肉体を極限まで鍛え上げ、自らの肉体に宿らせたパワーをいかに効率的かつ美しく放出するかを競い合う孤高のスポー ツ。知れば知るほどその魅力に際限がないことに気付かされるの同時に、このスポーツに青春のすべてをぶつける部員たちを美しく思う。これかも淡路高校WL部には、ブログを通じて、その魅力を広く発信し続けてもらいたい。



PS:
アニキのみならず、世界中のリフターたちが期待している世界ユース選手権。しかし首都バンコクを中心に、20日間にも及んだ反政府デモのニュースを見ても 分かるとおり、現在タイは政情不安真っ直中。その煽りで世界ユース選手権の開催も危ぶまれているという。世界ユース第一回目大会という記念すべきこの大会。一 日も早くタイの政情が安定してくれることを願う。



3431730123_581f3e75dd_o_2


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99094/44760760
この記事へのトラックバック一覧:これがウェイトリフティングの迫力だ!

兵庫県高校新記録 from [Lifter Way]
第59回 尼崎市民スポーツ祭 ウエイトリフティング競技選手権大会において 男子7 ... 続きを読む

受信:2009年04月25日 17:30:16

このエントリーへのコメント

いつも、淡路高校WL部の記事を取り上げていただき感謝しております。

また、先日の大会では、他校の選手になりますが兵庫県最高記録の更新や新一年生のデビュー戦などもあり見どころ一杯でした。

その様子は、別のブログになりますが動画をアップしていますので、ぜひご覧ください。

ブログ「Lifter Way」
http://lifter.way-nifty.com/blog/

Posted by webpapa | 2009年04月23日 19:20:50

webpapaさん

早速のご返事と見応えある大会のビデオ集ありがとうございます。
しかし兵庫県高校新記録を出した三木東高校の山本俊樹選手の試技は実に見応えありますね。フォームも美しいし、「絶対に持ち上げる」という強い意志を感じることができます。

このビデオを見ていると、リフティングというのは決して力だけのスポーツではなく、居合い抜きのように、高い集中力を以て「ここぞ」というタイミングを見極め、日頃のトレーニングで貯めた力を全放出する精神性の高いスポーツだということがよく分かります。山本選手に限らず、いずれの選手からも、“凛”と張りつめた緊張感が伝わってきますもんね。

淡路高校WL部のブログを併せ、こちらのブログの方も定期的にチェックさせてもらいますね。あと、勉強も兼ねて動画投稿サイトの方でもWL関係の動画を一通りチェックしてみることにします。
これからも『ブカツブログ』の重要なキーパーソンの一つとして、淡路高校WL部の活躍に期待させてもらいますよ。よろしくお願いいたします。

Posted by ブカツブログ管理人「アニキ」 | 2009年04月25日 12:33:07

コメントありがとうございます。

Posted by webpapa | 2009年04月25日 17:21:44

コメントを書く