2009年05月18日(月)

自分の身体への保険~F.C.Orange 5月11日のブログから

――アニキです



Jリーグ観戦が趣味のアニキ。贔屓のチームはさておき、あらためて試合を観ていて思うのは「サッカーとはなんと怪我の多いスポーツなことか」ということ。たとえば現在J1得点ランキングトップを走るG大阪のレアンドロは先日の浦和戦でハムストリングの肉離れで全治4~6週間の怪我を負い、J2C大阪のカイオは草津戦で相手DFからタックルを受け左足首関節の靱帯損傷で全治3カ月の重傷を負った。またアニキも好きなFC東京の梶山洋平も横浜FM戦で左足首を痛めて戦線離脱中。このほか、浦和のポンテ、細貝や神戸の宮本恒靖などもここ最近怪我に見舞われた選手たちだ。つい最近の試合だけでも各チームの主力たちがこれだけの怪我に見舞われているのだ。



この『ブカツブログ』参加ブカツのブログでも、怪我にまつわる記事は少なくない。いや、むしろ週に一度は必ず怪我に関する記事を目にする。そんな数多い怪我に関する記事の中でアニキが注目したのが、社会人系ブカツの雄であるF.C.Orangeの5月11日の記事『スポーツ保険のススメ』。



いや、まさかここまでたくさんの部員たちが怪我に見舞われているとは思わなかったぜ。「面白おかしく、でもやるときゃ本気」みたいなノリが特徴なだけに、ついつい記事の楽しさばかりに目を奪われていたが、陰ではこうした怪我との戦いがあったんだな。



ちょいと怪我について綴られている部分を引用させてもらうことにしよう。
-----------------------------------
●カラテカ瀬尾が、ヘディングで眼の上を切り、大出血(いまだ傷直らず)
●キャプテン牧野が、膝の皿を骨折(松葉杖で通勤していて辛そうです)
●エースのカズ山本が、海外旅行の疲れで、膝を故障
●ファンタジスタ江草が、フットサルの乱闘で目つぶしにあって眼を負傷
●エッグ細見が、原因不明の皮膚病を発症(通院中)
●ビッグ3桑田が、ストレスで胃にポリープ発見(胃カメラ予定)●僕は、尿路結石が再発し、おしっこするとき半端ない激痛体験
-----------------------------------

中には社会人だけに怪我ではなくストレスに起因すると思われる病気などもあるが、それでもこれだけの怪我に見舞われているとは驚き。この場を借りて、あらためて「お大事に」といたわりの言葉をかけさせてもらいたいぜ。



サッカーはボディコンタクトの多い競技だけに、必然的に怪我が多くなりがちだが、もちろん他のスポーツだって常に怪我と隣り合わせであることは言うまでもない。鍛え上げた肉体を駆使して極限を追求する以上、身体のどこかに無理がかかるのは当たり前。いわばスポーツをする以上、そこに怪我があることは前提だと言える。「スポーツ医学」という新たな医学分野が発展してきたのも、こうした前提が受け入れられたからこその経緯だと言えるのだ。



となれば、怪我をしないためのあらゆるケアを怠ることなく採り入れ実践していく必要がある。ストレッチはもちろん、現場での応急処置方やプロテクター・サポーター等の準備…etc。先のF.C.Orangeなどは、プロ選手とは異なり、メシの糧である“仕事”を持っている社会人ブカツだけに、これらに加えて「スポーツ保険」の導入なども検討しているとのことだ。
こうした備えがあってはじめて安心して競技に集中することができる。いわば、怪我への備えはスポーツを行う上での基盤に相当する存在。これなくしてスポーツは行えず、と言いきっても過言ではないほど大切な要素だと言えるのだ。



この『ブカツブログ』には多くのブカツと指導者が参画してくれている。素人のアニキが言うまでもないことかもしれないが、今一度、今回採り上げた「怪我に対する備え」について考え、部員たちなども含めて現状の中で最良の方法を論じ合ってみてほしいと思う。それがチーム力強化の大きなカギにもなるはずだ。そうアニキは思っている。



B17maartent1391

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99094/45054972
この記事へのトラックバック一覧:自分の身体への保険~F.C.Orange 5月11日のブログから

スジがわいせつ!後藤麻衣イメージビデオ千夜一夜 from [後藤麻衣「イメージビデオ千夜一夜の夢」のスジで逮捕]
後藤麻衣「イメージビデオ千夜一夜の夢」のスジで逮捕 ... 続きを読む

受信:2009年05月18日 22:58:28

このエントリーへのコメント

コメントを書く