2009年06月19日(金)

不定期アニキ通信~『指導哲学!』

――アニキです



この『ブカツブログ』には、ブカツに青春を捧げる部員だけでなく、監督やコーチ、顧問といった指導者たちも数多く参加し、それぞれ独自の指導哲学を伝えてくれていることはみんなも知っているだろう。



実はこれって、とっても貴重で価値あることなんだよね。たとえば部員という立場で見た場合、自分たちを指導してくれるコーチが、日頃どんなことを考え、どんな信念を持って指導にあたっているかということをブログを通じて知ることができる。いつもの部員と指導者という関係からでは、決して見えてこないものが見えてくることだろう。



もちろん、他の指導者の方々にとっても同じ立場にある人間の哲学だけに、参考になる部分も多いはず。また、同じ志を抱き、同じ苦悩を共有するある種の“同士”だけに、時にその奮闘ぶりに鼓舞されることもあるだろう。



今回の「不定期アニキ通信」では、『ブカツブログ』のもう一つの主役ともいうべき指導者の方々が綴った哲学をピックアップしてみたぜ。ぜひとも目を通してみてほしい。



◆江戸川区立瑞江中学校柔道部
2009.06.12「研究の意味」
当事者的には見えにくい種々の課題も、客観的視点を加えることで浮き彫りになってくる。手練の指導者だって常に苦慮を重ねている。この新たな発見が瑞中柔道部を確実に一歩前進させる。諸君、「客観的視点」についてあらためて考えてみよう!



◆柏市立第二中学校 サッカー部
2009.04.23「小学3年生の練習」
当たり前だけど、小3なら小3の、小5なら小5の、と学年別に応じたカリキュラムが用意されていることに驚く。そして練習メニューの綿密さに2度ビックリ。こうした緻密で自身の豊富なノウハウを元に構成された練習メニューだからこそ、子供たち一人ひとりのウィークポイントがはっきりと浮き彫りになってくる。素人のアニキにはトップクラブチームの練習メニューにすら見えてくる。それほど日本のサッカーが進化しているということなのだろう。つかコーチ、いつも勉強になる記事ありがとうごさいます。



◆レッドファイヤーズ5年チーム 野球部
2009.05.09「気づき」
多感であらゆることに対する吸収が早い中学生。そんな年代の子供たちの指導だけに、「野球がもっと好きになるも、嫌いになるも、すべてはその取り組み方次第」という自覚と責任が常につきまとう。ではどう指導するか。その答えの一つが「好きなどうかを、いかに自覚させるか」ということ。好きなだけでは上手くなれない。しかし好きであれば、成長への可能性は限りなく広がる。この真理をどう子供たちに分かりやすく伝えていくか。それがレッドファイヤーズを、そして指導者を成長させる。





2795589571_3f39e66da2_o

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99094/45391165
この記事へのトラックバック一覧:不定期アニキ通信~『指導哲学!』

高校教諭が現役復帰で大会V(神戸新聞より) from [淡路高校WL部ログ]
 淡路高校(淡路市富島)ウエートリフティング部顧問の松下敦史教諭(36)が3年ぶりに現役選手として復帰し、5月に明石市内で開かれた「第62 回兵庫県選手権大会」の男子77キロ級で優勝した。部員たちが全国大会などで好成績を残す姿に心を動かされ、現役への思いが再燃したという。今秋の新潟国 体出場に向けて「もう一度、大きな舞台に立ちたい」と意気込んでいる。(西尾和高) 神戸市内の公立高校でウエートリフティング部に入部。最初は50キロのバーベルを持ち上げることができなかったが、先輩が100キロを軽々と上... ... 続きを読む

受信:2009年06月20日 3:11:04

このエントリーへのコメント

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/judo/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/judo/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
LXwfizrm

Posted by sirube | 2009年06月20日 1:17:21

淡路高校ウエイトリフティング部の監督が新聞記事に載りました。

http://ahsw.jugem.jp/?eid=438

Posted by webpapa | 2009年06月20日 3:14:51

>>Webpapaさん

返信遅れてしまって申し訳ないです。
>淡路高校ウエイトリフティング部の監督が新聞記事
>に載りました。
>http://ahsw.jugem.jp/?eid=438

これは部員たちにとっても、、またアニキ以下、近い世代の人間にとっても大きな刺激となるニュースですね。

近々、『アニキEYE's』の方で採り上げさせてもらいます。

これからもよろしくお願いいたします。

Posted by ブカツブログ管理人『アニキ』 | 2009年06月24日 16:36:30

コメントを書く